古い畳の処分方法

古い畳の処分方法

畳を張替えたいと考えるときには、古くなった畳はどう処分するかと気になるところです。

 

不要になった畳は、粗大ゴミという取り扱いになってくるので、それなりの対処が求められます。

 

畳を製造する畳専門業者は、再利用の難しいような古い畳でも引き取ってくれます。畳の処分ではそれほど心配は入りませんので、一番に考えるべき処分方法です。

 

回収をしてくれる場合には有料で数千円というお金を取られますが、畳の回収がきちんとされるので、ひとまず畳業者に依頼してみるべきです。

 

仮にフローリングの床の上に畳を敷いていたけど、畳を取り除いたという場合でも可能です。

 

また、古い畳の処分方法としては、不用品の回収を依頼すれば、古い畳は確実に引き取ってくれます。不用品回収業者の場合でも有料となりますが、この場合は高額な料金を請求されることがあります。

 

無料回収と言っている業者でも、実際に無料回収してくれる場合と、回収料金を請求される場合とがあります。

 

畳の回収を不用品回収業者に依頼するときは、だまされないようにしましょう。

 

また、民間の企業のほかにも、自治体の回収を利用するという方法があります。

 

この場合には民間よりも安上がりになってくるし、確実に回収がされるでしょう。古い畳が出た場合には考えてみるべきです。

 

畳を取り外した後の床は、ホコリとダニが溜まっている状況があります。古い畳処分するときは、掃除をすることも一緒に考えておくべきです。

 

三条たたみ 評判や口コミ